Probance One

menu

[記事抜粋] 顧客ロイヤルティを最大化するパーソナライズプラットフォーム

 

データ活用に関する確かな実績と豊富な経験を持つコンサルタントが、
最適な施策・環境をご提案します。


 顧客の趣味・嗜好が購入判断を大きく左右するBtoC 向けサービスにおいては、既存顧客との良好な関係を築くことで生まれる顧客ロイヤリティを最大化するため、データおよびテクノロジーの活用が不可欠だ。

 具体的な手段として有効なのが、データ分析に基づき、顧客一人ひとりに最適化された施策を実行するためのマーケティングオートメーション(MA)ツールである。BtoBに比べてBtoCビジネスの多くは、顧客や商材の数が多く、おのずと、顧客情報や商品マスタ、購買履歴、Web 行動履歴など、顧客の状態を把握するために必要なデータは膨大となる。


 そのような膨大で多様なデータを処理・活用するのに優れたMAツールが、データ活用ビジネスを牽引してきたブレインパッドが扱う「Probance(プロバンス)」だ。Probanceは、SaaS形式で提供され、統合キャンペーンデータマートやセグメント作成、キャンペーンマネジメント、メール配信などのシステムが搭載されている。「分析結果を活用したい」というクライアントの要望から誕生したMAツールであり、分析結果を売上拡大に活かすことを主眼に設計されている。

 

Probanceの最大の特徴は、
顧客ロイヤルティ向上のためのOne to Oneコミュニケーションが可能な点だ。



たとえば、
◎ 予測アルゴリズムを使って、膨大なデータから顧客の趣味・嗜好などに合わせたタイミング、チャネル、コンテンツでコミュニケーションを行うことができる。

◎ また、顧客とのコミュニケーションをオンライン/オフライン問わず統合できるので、チャネルを横断しても統一したメッセージが訴求できる。

◎ その際、複数の条件に当てはまる顧客には、過剰にリーチして煩わしさを与えないようにするためプレッシャーコントロール(プライオリティの高い訴求メッセージを優先する)機能も備わっているので、安心だ。


 さらに、事業規模やチャネル、実現したいことに応じて、「Probance One(プロバンス・ワン)」と「Probance Hyper Marketing(プロバンス・ハイパーマーケティング)」の2種類が用意されている。目的や予算に応じてどちらかを選択できるので、MAツールが初めてでも導入のハードルは低い。

 MAツールは、さまざまなデータを扱える反面、何から始めるべきか悩む担当者も多い。まずは、シナリオがプリセットされている月額83,000円からの「Probance One」で目の前の課題や試したいことからクイックに始めて、効果を把握できたところで複雑なシナリオやチャネルを横断した施策を実行できるよう「Probance Hyper Marketing」に切り替えるという選択も可能だ。

 



※株式会社インプレスより公開された「マーケティングオートメーションで成果を上げる正しいプロセスとツールの選び方」電子雑誌版への掲載記事です。

 

この先はProbance One販売代理店の株式会社ブレインパッドが運営するサイトになります。
お問合せ等でお預かりしたお客様の個人情報の管理については、株式会社ブレインパッドの
個人情報保護方針に基づき運用となりますことをご了承ください。