CASE

B4F(MILLEPORTE)様 導入事例

マーケティングオートメーションプラットフォーム Probance導入事例

緻密なパーソナライズと分析がコアになければ
実店舗のような接客はできない MILLEPORTEに学ぶMA選びのポイント

会員数約350万人、扱うブランドは4,000以上、月間開催セールは500を超えるフラッシュセールサイト「MILLEPORTE(ミレポルテ)」。膨大な情報をOne to Oneで届けるツールとして選択したのが、マーケティングオートメーションツール「Probance(プロバンス)」だった。辣腕マーケターのビアンカ・コドニェさんとブレインパッドのおふたりに、MA選択のコツについて語ってもらった。

月間500回以上の期間限定セールを最適な形で伝えたい MILLEPORTEに聞く、MA活用成功の法則

 

「MILLEPORTE(ミレポルテ)」は、国内外4,000ブランド超のアイテムを、最大80%オフの価格で販売する会員制フラッシュセールECサイトだ。ファッションはもちろん、ライフスタイルやフードなどのジャンルも取り扱う。取材時点(2018年3月)で会員は350万人を数える。毎日新しいセールが10~20も始まり、ひと月に換算すると500回以上も途切れることなく開催されている。

このように膨大なコンテンツを持つMILLEPORTEは、ユーザーに最適なコミュニケーションを実施するため、2017年6月にマーケティングオートメーション「Probance(プロバンス)」を採用した。同社では、別途メール一斉配信ツールを利用していたが、One to Oneコミュニケーションの実現に向けてMAも追加した形だ。

Probanceは、データ分析に強みを持つ株式会社ブレインパッドが提供。同社では、2013年3月にフランスのProbance社と販売代理店契約を締結し、マーケティングオートメーションツールの取り扱いを開始していることから、5年の実績を持っていることになる。TSUTAYA、ワコール、高島屋などをはじめとする、導入事例も豊富だ。

MILLEPORTEを運営する株式会社B4Fは、2010年3月から前身となるサービスを開始し、EC歴は8年になる。2016年からMILLEPORTEのアプリも提供するなど、テクノロジーに強い企業でもある。そんな同社が、数あるマーケティングオートメーションの中からなぜProbanceを採用し、どのように活用しているのか。マーケティングマネージャーのビアンカ・コドニェさんと、同社を担当するブレインパッドのおふたりに話してもらった。

 

※この続きはダウンロードしてご覧ください。

詳細事例では、以下について伺っています。

・MAは数多くあり、EC事業者はどれを選んでよいか悩んでいます。MAにおいて、もっとも重要視すべき機能はなんでしょうか。

・プロバンス導入以前から、メール一斉配信ツールをお使いだったとのことですが、MAを追加で採用された理由はなんですか?

・プロバンスを使いこなしているという印象を受けましたが、これから取り組みたいとお考えのことを教えてください。

 

詳細事例をダウンロード

 


・本内容は2018年4月、ECzineに掲載されたものです。