COLUMN

【資料DL】BtoC企業向け マーケティングオートメーション 比較

 

BtoB企業とBtoC企業ではMAの利用目的が違う

BtoBにおけるマーケティングオートメーションは、見込顧客から優良顧客へと育てていくことを目的にしています。いわゆる「リードナーチャリング」で、検討期間が長いBtoB商材では、さまざまな情報を配信して、Webの閲覧や資料請求などの行動を促し、自社サービスへの購買意欲を高めるシナリオにのせる手法です。

一方、BtoCでは、顧客との関係性に合わせてパーソナライズしたコミュニケーションをすることを目的としています。メールやWebサイトなどのオンライン、店舗やDMなどのオフラインを問わずチャネルを横断したコミュニケーションを実現するもので、CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)とも呼ばれます。

BtoC企業の場合、顧客数、購入頻度やWeb閲覧回数などのトランザクション数をはじめ、蓄積しているデータの種類・量は、BtoBとは桁が異なるほど膨大になります。そのため、そのような膨大なデータを連携させてもスムーズにレコメンドロジックが回り、最適なチャネルを選択し、遅延なくメッセージが配信できることが重要です。

BtoC企業向けMA比較表について

本資料では、BtoC企業がMAを導入するにあたりポイントにすべき項目を8つにカテゴリー分けし、比較表としてまとめました。さらに、機能の有無の星取り表だけではなく、各項目でのチェックポイントと機能が不足している場合に発生する状況について解説しています。

BtoC向けMAの比較表は、以下よりダウンロードいただけます。
申込完了後、ダウンロードボタンよりダウンロードください。

 

資料請求はこちら